キャッシングATM > 銀行系カードローンについて

銀行系カードローンについて

銀行と消費者金融のカードローンはどう違うの?

銀行系カードローンとは金融機関からカードを発行され借入ができるサービスを一般的にカードローンと言いますが、一口にカードローンと言ってもその種類はアコムやプロミス等が提供している消費者金融系カードローン、そしてみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などが提供している銀行系カードローンの2つに大きく分類することができます。カードローンを良く利用されるという方であれば、このこと自体は聞いたことがある方も多いかと思いますが、実際にこの2つがどういった点で違うのかは知らない方も少なくありません。そこで、今回は銀行系カードローンに着着目しながら消費者金融系カードローンとの違いをご紹介していきます。

銀行系カードローンのココが魅力!

銀行系カードローンは総量規制の対象外

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いは多々ありますが、私たち利用者にとって最大の違いは総量規制の有無です。総量規制とは、2010年の貸金業法の完全施行に伴い導入された貸金業を営む業者つまり消費者金融やクレジットカード会社、信販会社からの借入を収入の3分の1までに制限するという制度です。この総量規制の施行は、業界および利用者にとって非常に大きなポイントの1つであり、収入がそれほど多くない利用者は、カードローンの利用が相当に制限されてしまいました。ここで注目を集めたのが、貸金業法に規制されないため総量規制の対象外となっている銀行系カードローンです。銀行は別途、銀行法という法律により規制を受けてはいますが、利用者にとって不利益となるような制限はなされていないため、分かりやすく言うとカードローンが使いやすいということになります。

銀行系カードローンは収入証明に義務がない

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンが法的に異なる点として、もう1つ大きなことは収入証明の提出義務の有無です。1でも述べたように銀行系カードローンは銀行法の対象となっていますが、銀行法には収入証明に関する規定は存在しません。つまり、各銀行が独自に「○○万円以上の融資の場合には収入証明書類の提出が必要です」と決めているに過ぎないわけです。そのため、収入証明書類の提出を100万円以上としている銀行もあれば、300万円以上としている銀行も存在しています。一方、貸金業法では50万円以上の融資を行う場合には、「年収証明書」 の提出が義務付けられているため、どの消費者金融系カードローンでも50万円以上を借り入れる際には、収入証明書類を必ず提出する必要があります。

銀行系カードローンはスペックが高め

こちらは1や2と異なりあくまで会社ごとに差がありますが、一般的に銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べると金利や融資限度額のスペックが高めに設定されていることが多くなっています。具体例を挙げると、代表的な銀行系カードローンのみずほ銀行カードローンは金利が4%~14%、融資限度額は1000万円に設定されていますが、一般的な消費者金融カードローンは金利が4.5%~17%以上、融資限度額は500万円前後の設定が多くみられます。そのため、より良い条件で借入を行いたいという方は、銀行系カードローンがオススメです。

銀行系カードローンのまとめ

以上が銀行系カードローンの主な特徴となります。こうして比べると銀行系カードローンの方が優れているように思えますが、一般的に審査にかかる期間は消費者金融系カードローンの方が短いと言われるなど、どちらにもそれぞれ利点があります。ですから、カードローンを利用される際には、自分の経済状況やライフスタイルにどちらのカードローンが適しているのかを事前にしっかりと考えた上で決定するようにすることが重要です。

銀行系カードローンの関連記事

◎→銀行系カードローンで即日融資
◎→銀行系カードローンの利息について

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.