キャッシングATM > 銀行系カードローンについて > 利息計算でわかる!銀行系カードローンの低金利の魅力!

利息計算でわかる!銀行系カードローンの低金利の魅力!

まずは、利息の計算方法を復習しておきましょう!カードローンの利息の計算には各社借り入れ実績や限度額に応じて実質年率が設定されていてその実質年率に基づいて年間の利息は決まってきます!銀行系カードローンの実質年率は初めての借入の場合は最大実質年率が適用されることが多いため計算する時は最大実質年率で計算すると実際の借入の時によりリアルな利息を導き出すことができます。

利息計算の方程式

借入金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借入日数 = 利息


キャッシングには1か月に一度返済日が設定されていて、最低返済額というものが設けられています。各社設定が違いますが、利息は約30日でその度最低限度額を引いた金額で利息を掲載し直す必要があります。

利息を安く抑えたい場合は最大限度額で比べよう!

低金利のカードローンを利用したい場合は借入金額によって実質年率の設定が異なる銀行カードローンが低金利なのは公式サイトを見比べると一目瞭然ですが、銀行カードローンの方が確実に低金利とは実は言えません。50万円未満の借入の場合大きく利息が異なる事はなく、大抵のカードローンが3%~4%の違いしかないのが現状です。こういった場合利息計算で割安なカードローンを選択しようと思っても数十円の違いしかない場合はどっちを選択したらいいのか困ってしまう事が多いと思います。

銀行カードローン、イオン銀行の最大限度額は13.8%、10万円借りた場合の30日間の利息は1134円、銀行系カードローンのプロミスの最大限度額は17.8%、10万円借りた時の30日間の利息は1463円となり、実質、銀行カードローンと銀行系カードローンの利息は329円しか変わりません。

利息だけでなくカードローンとしてのサービスも参考にしよう!

上記の例を見るとイオン銀行の方がやっぱり低金利なんだー。っと思われるかもしれませんが、一概にお得とは言えないのがカードローンの奥深いところです。

例ケース
イオン銀行の場合:10万円を借入して60日で完済した場合。

30日目の利息:
10万円×13.8%÷365×30=1134円 利息分と5万円を返済。
60日目の利息:
5万円×13.8%÷365×30=567円 60日間の合計利息は1701円

プロミスの場合:10万円を借入して60日で完済した場合。

30日目の利息:
30日間の無利息サービスがある為、最初30日間利息は0円 5万円の返済。
60日目の利息:
5万円×17.8%÷365×30=731円 60日間の合計利息は731円になります。

そう、銀行系カードローンには無利息サービスを実施しているキャッシング多いため、低金利のはずの銀行カードローンより970円も利息を安く抑えることができたことになります!

賢く銀行系カードローンを利用する-まとめ-

どうしても、利息を安く抑えたい場合は銀行カードローンを選択する事をお勧めしますが、上の例のように銀行系カードローンを利用する事で実は銀行カードローンよりはるかに使い勝手がいい場合はもあります。どうしても銀行カードローンは審査の敷居が銀行系に比べると高いので、リーズナブルに更に一般的に使える銀行系カードローンは計画的に利用すると無駄な出費もおさえれることができるといます。

銀行系カードローンについて

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.