キャッシングATM > ノーローン > 多様な返済方法が用意されているノーローン

多様な返済方法が用意されているノーローン

ノーローンは、数ある消費者金融の中でも返済方法が非常に多様な点が特徴の1つです。実は返済方法というのは、キャッシングを利用する上でとても重要で、多様であればあるほど利用者にとっては便利なものです。ですから、そうした観点からもノーローンは優れた消費者金融であると言えます。

以下では、そんなノーローンの多様な返済方法について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

選べる5つの返済方法

1.リアルタイム返済

ノーローンの返済方法として最も特徴的なのが、インターネットを利用したリアルタイム返済です。リアルタイム返済は、ノーローンが指定した金融機関のインターネットバンキングを開設されている方しか利用できませんが、24時間いつでも返済でき、土日や夜間でも手数料が不要という非常に便利でお得な返済方法となっています。

対象となる金融機関のインターネットバンキングは、主に三井住友銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行などが挙げられます。

コンビニ・ショッピングセンターATM

コンビニやショッピングセンターなどに設置されているATMでも返済することが可能です。ただし、コンビニ・ショッピングセンターATMは全て手数料が有料となっている点には注意しておきましょう。また、取引時間はATMごとにさまざまですので事前に把握しておくことが大切です。代表的なものとしてはセブン銀行ATMやイオン銀行ATM、Enetなどが挙げられます。

新生銀行グループおよび提携金融機関ATM

新生銀行グループおよび提携金融機関ATMもコンビニ・ショッピングセンターATMと同様に返済には原則として手数料がかかります。しかし、新生銀行レイクのATMだけは手数料無料で利用できるため、近くにレイクATMがある方などにはオススメです。

また、ATMの取引時間はこちらも金融機関ごとにさまざまです。主な提携金融機関には、東京スター銀行やスルガ銀行、愛知銀行、西日本シティ銀行などがあります。

振込返済

ノーローンが指定する銀行口座へ振り込む返済方法です。返済用口座はノーローンのお問い合わせダイアルまたは会員専用サービスから確認することができます。また、振込手数料に関しては利用者の負担となります。

自動引落

利用者の銀行口座から指定された日に自動的に引き落とされる返済方法です。引き落とし日は毎月6日または毎月26日のうち利用者が希望した日になります。自動引落を利用される場合には、事前に手続きが必要となるため、お問い合わせダイヤルに電話をかけ、手続きを完了されておきましょう。

自動引落は、返済忘れを防ぐ意味で非常に友好な返済方法となっており、イチオシです。

おわりに

以上、ノーローンの返済方法についてみていきました。特定の金融機関のインターネットバンキングを持っているのであれば迷うことなくリアルタイム返済が便利ですが、その他にも多様な返済が可能ですので、その時の状況に応じて利用していきましょう。

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.