キャッシングATM > おまとめローンで毎月の利息を軽減できます > 失敗しない!おまとめローンを選ぶ時のチェックポイント!

失敗しない!おまとめローンを選ぶ時のチェックポイント!

おまとめローンの相談返済計画の簡略化や金利の軽減を図るため、おまとめローンの申込を検討されているという方も多いかと思いますが、そうした方はおまとめローンに関する十分な知識を持っているでしょうか?正確なおまとめローンの知識を得ていれば、借入先選びに失敗する可能性は低くなりますし、想定よりもお得におまとめローンを利用できるかもしれません。逆に無知なまま安易におまとめローンを利用してしまうと、かえって無駄な手間になってしまうようなケースもありますので、以下で大切なチェックポイントを押さえておきましょう。

ココに注目!おまとめローンの必見チェックポイント

銀行と消費者金融の特徴をチェック!

一口におまとめローンと言っても、大きく銀行が提供する商品と消費者金融が提供する商品には差があることが一般的です。簡単に銀行と消費者金融の違いを見比べていくと、以下のようになります。

銀行

①金利が低めに設定されている
②銀行が主体のため信頼性が高い
③審査にはある程度の時間が掛かる

消費者金融

①審査のスピードが早い(最短即日の契約も可能)
②銀行と比較すると審査のハードルは高くない
③金利は高めに設定されている

銀行と消費者金融にはこうした特徴の違いがありますので、どちらを選ぶ方がより自分に良いのかを考えて決めるようにしましょう。

金利は上下幅を要チェック!

カードローン・キャッシングを利用される方であれば、誰しも金利に注目しているかと思いますが、おまとめローンでは額が大きくなりがちですので、より金利の影響は大きくなります。もちろん金利は低ければ低いほど、負担は少なくて済むため、低金利のおまとめローンを選ぶことが大切ですが、ここで注意したいのが下限金利の低さだけに騙されてはいけないという点です。下限金利というのは、あくまで融資限度額の限界付近まで借り入れた際に適用される金利に過ぎず、多くの方にはあまり関係のない金利です。どちらかと言えば、上限金利付近の適用になるケースのほうが多いと言ってもよいでしょう。こうしたことを考慮すると、おまとめローンを金利で選ぶ際には下限金利ではなく金利の上下幅の狭さや上限金利の低さに注目しておくほうが良いと言えます。

おまとめローンは総量規制の対象外!

消費者金融のカードローン・キャッシングは原則として年収の3分の1までしか借入ができない総量規制の対象となっていることは利用者であれば周知の事実です。ただ、おまとめローンに関しては消費者金融が提供するものであっても総量規制の対象外であることは、日々カードローン・キャッシングを利用されている方であっても知らないケースは少なくありません。つまり、おまとめローンであれば消費者金融であっても銀行のカードローン・キャッシングと同様に融資限度額まで利用できるというわけです。こうしたことからおまとめローンに関しては消費者金融の大きなデメリットが消えていると言えますので、銀行と比べてもさほど利用しづらいといったことはありません。

借入件数が多いとNG?

おまとめローンは、複数の借入をまとめるためのローン商品ですが、あまりに他社借入件数が多い場合には、審査に弾かれてしまうことがあります。これは多くの借入件数を抱える人に対して金融機関側が将来的な滞納や債務整理などを警戒するためです。ですので、おまとめローンであっても申し込む際には事前に可能な範囲で借入を返済し、件数を減らしておくことが大切です。

まとめ

おまとめローンの重要なチェックポイントをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。概ね以上の知識を押さえておけば、おまとめローンの利用で損をしてしまったり、審査に通るはずなのに通らないといったことは回避できるはずですので、もう1度しっかりと確認してみてくださいね。

おまとめローンの詳細はこちら

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.