キャッシングATM > おまとめローンで毎月の利息を軽減できます > 金融機関はどこを見ている!?審査の方法から通過ポイントまで!

金融機関はどこを見ている!?審査の方法から通過ポイントまで!

おまとめローンの相談カードローン・キャッシングと同様におまとめローンにも当然ながら契約前に審査が行われます。複数の借入をまとめるローン商品ということもあって、おまとめローンは一般的なカードローン・キャッシングよりも審査が厳しくなるとされています。そんなおまとめローンの審査をクリアするためには、金融機関がどんな方法・基準で審査を行っており、どういったポイントを押さえておけばクリアしやすくなるのかを把握しておくことが重要です。そこで、今回は金融機関の審査の方法から審査基準、通過率をアップさせるポイントをご紹介していきたいと思います。

申込前に必ずチェック!審査のポイントを徹底解剖

審査の方法は大きく2つ!

おまとめローンの審査において行われている方法は大きく2つあります。1つは申込内容の正確性判断、もう1つは申込者のスコアリングです。まず1の申込内容の正確性判断とは何かと言うと、おまとめローンに申し込んだ人が住所や勤務先情報などに関して記入漏れや虚偽の申告をしていないか確認する作業です。この作業は個人の信用情報が登録されている信用情報機関に照会を行えば、瞬時に判断することができるため、自身に有利な申込を行ったとしても意味はなく、逆にその時点で審査から落とされてしまうことになります。

おまとめローンの審査においては次のスコアリングがとても大切なポイントとなります。スコアリングとは、申込者のプロフィール等の情報を分類し数値化することで、融資に適切か否かを判断する作業です。具体的にどういった分類がなされてるのかは、以下の2の審査の基準で確認していきます。

審査の代表的な基準

スコアリングの際に主な基準となるのは、以下のような情報です。

①職業

スコアリングの基準の中でも大きな割合を占めるのが職業です。一般的に公務員やそれに準じる職業など安定性の高い職業が高スコアとなり、逆にフリーターや自営業など収入が安定しない傾向にある職業の場合には、低スコアとなります。

②転職回数・勤続年数

転職回数や勤続年数はその人の信頼性を図る上で大切なポイントです。もちろん転職回数は少ないほうが高スコアであり、勤続年数は長いほうが高スコアとなります。

③住居

意外かと思われるかもしれませんが、住居もスコアリングの対象の1つです。原則としては持ち家の場合、高スコアとなり、借り家の場合には低スコアとなります。これは、持ち家のほうが連絡等を取りやすく、融資の回収が容易な可能性が高いとされているためです。

④クレジットカードの有無

クレジットカードは保有していること自体が社会的ステータスの1つであり、キャッシング等よりも厳しい審査をクリアしなければならないことから保有しているほうが高スコアとなります。

ただし、クレジットカードの支払いを滞納してしまった経験等があると、場合によっては事故情報として信用情報機関に登録されている可能性もあり、そうすると審査をクリアすることは難しいと言えます。

⑤借入件数

現在の借入件数は多ければ多いほど低スコアとなります。借入件数が5件を超えているようだとかなり審査に通ることは難しいと考えていく必要があります。

審査通過のポイント

最後に審査通過のポイントを簡単にご紹介していきたいと思います。まず最も大切なのは、1でも述べた申込内容を正確に入力するということです。これが誤っていると、その段階で審査に落ちてしまいますので、必ず何度も確認してください。つぎに申し込む前に借入件数をできるだけ減らしておく努力をしましょう。4件から3件、3件から2件と1件減らすだけでも審査には大きなプラスとなります。その他、時間的余裕があるのであれば、勤続年数が最低1年を超えるまでは申込を待ってみる等の工夫の審査に通りやすくなるポイントと言えます。

審査基準のまとめ

以上、おまとめローンの審査の方法から通過率アップのポイントまでを簡潔に分かりやすくご説明してきました。通常のカードローン・キャッシングに比べると難易度の高いとされるおまとめローンですから、しっかり対策をして最も良い状況で申し込むように心掛けましょう。

おまとめローンについて

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.