キャッシングATM > キャッシング在籍確認 > 在籍確認の内容と会社にバレてしまったケースの紹介

在籍確認の内容と会社にバレてしまったケースの紹介

在籍確認が会社バレキャッシングの審査をクリアするために避けて通ることのできない過程が在籍確認です。勤め先に本人が本当に勤めているかを確認するため電話を用いて行われるのが、一般的な在籍確認の方法となっています。

なぜこのような面倒な手続きを経なければならないのかと言うと、お金に困っている人の中にはどうしてもすぐにお金を借りるため無職にも関わらず実在しない企業名を記入したり、自身が勤めている企業よりも知名度の高い企業を記入したりする人がいるため、そうした虚偽の申告をしっかりと見抜き適切な融資を行うことが目的です。

今回はそんな在籍確認についてどういったことを聞かれるのか、また企業にバレてしまったケースについてご紹介していきたいと思います。

在籍確認の2つのパターン

在籍確認のパターンは大きく2つに分かれています。1つは本人が在籍確認の電話に出たパターン、もう1つは本人が在籍確認の電話に出れないパターンです。以下で2つのパターンの詳細をみていきましょう。

電話に出たパターン

在籍確認の電話に本人が出ることができるパターンでは、主に以下のような聞き方をされます。

「○○(キャッシングサービス)にお申込み頂きありがとうございます。少々お時間よろしいでしょうか?」

この後、生年月日や住所など申込内容に関する簡単な確認が行われ、在籍確認は完了です。キャッシング会社によっては単純に在籍の確認だけで申込内容の確認を行わないところもあるようです。

もちろん受付の人が電話を取る際には、キャッシング会社名を名乗ることはなく、個人名などキャッシングとの関連性を匂わせない掛け方をしてきますので心配する必要はありません。

電話に出れないパターン

自動契約機やインターネット申込などで申込を行った場合、その時点で企業内に居ることは難しいため、電話に出れないことも少なくありません。こうした場合が電話に出れないパターンということになりますが、電話に出れなくても在籍確認は完了可能です。例えば、以下のような例が挙げられます。

キャッシング会社
「△△と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」

受付
「○○は席を外しております」

キャッシング会社
「そうですか。では携帯電話のほうにかけてみます。ありがとうございました」

上記のように本人が企業に在籍している確認さえ取れれば、これで在籍確認は完了です。ただし、企業側が本人の在籍について個人情報保護などを理由に明確に返答しない場合、確認が取れないため、審査に通らなかったりするケースもありますので注意しておきましょう。

企業にバレてしまうケースとは

在籍確認が勤めている企業にバレてしまう可能性というのは、それほど高くありませんが、上記のようにキャッシング会社が企業名を名乗らないことを知っている人が受付をしている場合、怪しまれてしまうことは考えられます。

また、本人が電話に出た場合、住所や生年月日を答えることもあるので、「金融関係の連絡なのかな?」と疑いを持たれる可能性はあるでしょう。

ですが、上記の例であってもその電話がキャッシング会社からであることが明確にバレることはなく、受付の人の推測の域を出ません。万が一、疑問や追求を受けるのが嫌だという方は、別件で自分に電話が掛かってくる可能性があることを事前に受付の人に伝えておくというのも1つの手です。

ただ、中小零細のキャッシング会社に申し込んだ場合、コンプライアンスの徹底が図られておらずキャッシングの連絡であることをそのまま伝えられてしまうというケースもあるようです。

おわりに

在籍確認の2つのパターンと在籍確認がバレる可能性について詳しくご紹介してきました。これからキャッシングに申し込もうと考えている方はぜひ上記の内容を参考にしてみてください。

キャッシングの在籍確認について

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.