キャッシングATM > キャッシング在籍確認 > 無人契約機なら在籍確認は必要ない?

無人契約機なら在籍確認は必要ない?

無人契約機での在籍確認キャッシングの利用には必須とも言えるキャッシング会社による勤め先への在籍確認ですが、どうにか在籍確認を回避したい!と考えている方も多いのではないでしょうか?

確かに在籍確認では、会社名でなく個人名を名乗るなど一定の工夫はなされますが、企業にバレてしまう可能性がゼロではないという点を考慮すると避けられるのなら避けたいと思うのは当然のことです。

そこで、キャッシングの利用を検討されている方の中には「無人契約機での契約なら在籍確認が不要なのでは?」と考える方もいるのですが、残念ながら無人契約機による契約であってもしっかり在籍確認は行われます。

以下では、無人契約機で契約する際にキャッシング会社が在籍確認を含めどのような調査を行っているのかご紹介していきます。

無人契約機の契約ではこんな流れで調査します!

信用情報の確認

無人契約機で必要情報を入力後、はじめに行われる調査が信用情報の確認です。信用情報とは、現在の他社借入件数・金額や過去のローン・キャッシングの利用履歴・返済履歴等の情報で、こちらは信用情報機関への照会で瞬時に判別することが可能です。

在籍確認

信用情報が正確であることを確認したら次に在籍確認が行われます。在籍確認では、本当に申告した企業に勤めていることが分かれば良いため、以下のようなごく簡単な電話による確認が行われます。

キャッシング会社の担当者
「○○(個人名)と申しますが○○様(本人)はいらっしゃいますか?」

企業の受付
「ただ今、○○(本人)は電話に出ることができません」

キャッシング会社の担当者
「分かりました。後ほど改めてご連絡いたします」

上記は本人が電話に出れない状況の際の一例ですが、出れる場合も在籍していることを確認する一言だけで完了します。

また、個人名による在籍確認は困るという方、性別や年齢層、電話の時間帯などを指定したいという方の要望もキャッシング会社に相談すればある程度応じてくれるケースも多いため、在籍確認で企業にキャッシングの利用が絶対にバレたくない方は事前に相談しておくことが重要です。

ちなみにキャッシング会社が在籍確認において会社名を名乗ったり、キャッシングの在籍確認であることを告げることは絶対にあり得ませんからその点は心配する必要はありません。この在籍確認というのは、融資を行うキャッシング会社にとって非常に重要なポイントの1つであるため、その場で在籍確認が取れない場合には、融資が翌日以降にずれ込むケースもあります。仮に融資がOKである場合でも勤め先への在籍確認が取れるまでは、本来の希望した融資額から限度額を引き下げての様子見的な融資となり、後日確認が取れてから融資額を引き上げるという処置が取られることもあります。

そのため、カード発行と同時にキャッシングを必ず利用したいという方は、できるだけ勤め先が在籍確認の電話に出られる時間帯に無人契約機での申込を行うことがオススメです。

本人確認書類の確認

在籍確認が済んだら最後に提出されたパスポートや運転免許証などの本人確認書類が本物かどうか確認します。本人確認書類に不備がないと判断されれば、概ね審査はクリアとなり、カードが発行されます。

まとめ

上記の審査の過程では、かなり厳正な確認が行われますので、どこか一部でも虚偽の申告をしていればまず審査に通ることはありません。審査に不利になるのが嫌だからといって他社借入を偽ったり、在籍確認の電話で企業にバレるのが怖くて嘘の企業名や電話番号を伝えたりすると、審査に落とされてしまうだけですので、注意しておきましょう。

◎→キャッシング在籍確認の詳細こちら

Copyright(c) 2016 キャッシングATM All Rights Reserved.